流行 STRAIGHT NORCOM 2018モデル (フジ) FUJI 1.1 フレームセット サイズ51 カーボン/レッド-フレーム

リベロ HATCHFORD サイクルジャージ マゼンダ/ティール レディース

マローヤ 自転車用品 WangM. Jersey - Short-Sleeve - Women's

セブンイタリア Neo Happiness Smile レディース Jersey スカイブルー

流行 STRAIGHT NORCOM 2018モデル (フジ) FUJI 1.1 フレームセット サイズ51 カーボン/レッド-フレーム


(FUJI 2018)(新品1006)
■状態:新品


■適応身長
(サイズ49)162~172、(サイズ51)168~176、
(サイズ53)174~182、(サイズ55)180~188



■サイズバリエーション
 49  51  53  55


■スペック
カラー:マットカーボン/レッド
フレーム:C10 ultra high-modulus aero carbon tubing, integrated seat clamp,?
integrated head tube, water bottle mount
リアトライアングル:C10 ultra high-modulus aero carbon tubing aero stays w/ chainstay-mounted brake,
vertical dropout w/ wheel-position adjustment
フォーク:FC-330 carbon aero monocoque w/ 1 1/8” carbon steerer, integrated airfoil brakes
ブレーキ:TRP aero TTV
ヘッドセット:FSA, 1 1/8” press fit top, integrated bottom bearing
ステム:Oval Concepts 760 Aero, forged 7050 stem body, aero faceplate cover, +/-8°
シートポスト:Oval Concepts, aero carbon, multi-position




■ジオメトリー







TRIED,TESTED,and FOUND TRUE

地上最速バイクへの道。

タイムトライアルバイクの開発コンセプトは実に明瞭だ。より速く、である。2008年、FUJIはフルカーボンTTバイク「D-6」を発表。その有機的で独創的なフォルムに目を奪われがちだが、優れた剛性とエアロダイナミクスは多くのアスリートを勝利へと導き、グランツールでの活躍も記憶に新しい。そして、FUJIは新たなTTバイクを投入する。テストと改良を幾十にも重ね、3年という開発期間を経て完成したFUJIが打ち出す最速のバイク、それが「NORCOM STRAIGHT(ノーコムストレート)」である。

LOGIC MEETS HUMAN TOUCH

高度なプロダクトデザインの創出。

高度なプロダクトデザインの創出。 速いバイクに求められるエレメント、それは空気抵抗を最大限に抑えるエアロダイナミクスとペダル入力を余すこと無く推進力へと変換するフレーム剛性、そして軽量性だ。NORCOM STRAIGHTは緻密な計算で叩き出された数値を基に理論上ベストなフォルムを導き、そこへプロフェッショナルライダーとの幾度にもわたるテストの結果得られたエルゴノミクスを重要なエッセンスとして加えた。これにりロードレース、トライアスロンと異なる競技で、ベストパフォーマンスを引き出す為のポジショニングのワイドレンジ化の獲得という大きな成果を得た。

EVOLUTION

TTバイクは新たな進化を遂げる。

先代のD-6からNORCOM STRAIGHTは大きく進化した。TRACK ELITE、そしてTRANSONIC 1.1と同じFUJI独自の高強度カーボンマテリアル「C10ハイモジュラスカーボン」を採用。ダウンチューブ、フォークブレード内にリブ加工を施し、ヘッドチューブ周りは20%、BB周りは26%の剛性アップを実現。更に先代に比べおよそ200gの軽量化にも成功した。フレーム構造はメカニカル、電動共にアッセンブル可能なコンパチブル仕様となり、新設計となるヘッドチューブは、ステアリングパートのインターナル化により更なる低重心、空気抵抗の軽減を実現。ワンメイクTTなどで特に効果を発揮する。





■FEATURE
ヘッドチューブ側にインターナルポケットを設けることで、ステムのマウント位置を最大135mm調節可能。タイムトライアルではハンドルを下げ空気抵抗を更に減らし、トライアスロンではハンドルを上げて心肺機能の負担を軽減する。 また、ステム幅とトップチューブ幅を均一に成形し、ステムの先端にエアロカバーを装着することでエアーフローの効率化を実現。
シートクランプ機構はトップチューブに内蔵、エアーフローの効率化を実現。サドルは最大180mmの前後位置調節を可能にしており、仮想シートチューブアングルも74 ̄81度と広範囲に設定可能。
徹底したエアロダイナミクスの追求により、先代のD-6から薄く鋭くなったメインフレーム。14の異なる配置でフレームの232カ所のデータポイントを集積、D-6と比較実験をおこなった結果、平均16%、最大で18%直進安定性が向上し、およそ10ワットのペダル入力軽減が確認された。また、各チューブやインジェクションパートの形状はエアーフローの乱れを最小限に抑える設計が施されている。
TRP社製のTTVブレーキを採用。フロントはフォークブレード後方、リアはチェーンステー下側にマウント。先代のD-6に比べてエアーフローとメンテナンス性、そして制動力の向上を実現。インターナルケーブルルーティングにより空気抵抗が軽減。
先代のD-6に比べてエアーフローとメンテナンス性、そして制動力の向上を実現。インターナルケーブルルーティングにより空気抵抗が軽減。
■STEVEN'S VOICE ~FUJI BIKE TECHNICAL DESIGN TEAM
従来の(手持ちの)コクピットパーツを使用しても、最適なポジションをライダーが得られるという幅広いフィットポジションを維持しながらの世界最速TTバイクの創造というのがコンセプト。長期にわたっておこなわれた風洞実験によって本モデルはFUJI至上最速マシンとなった。広範囲にポシションセッティングが可能ということは、フレームに合わせて新たにパーツを買い揃える必要がないということ。Norcom Straightのリアアクセルアジャストシステムは足回りのスペックに応じて最適なリアホイールの前後ポジションを導き出すことができるのも忘れてはならない。


■特徴:
C10-High-Modulus Carbon
C15と共通の素材を使用しながら、素材強度に重点を置いて開発されたカーボンマテリアル。C15を上回る剛性を生かして、MTBやTRACKバイクなどトルク入力値や外的負荷が多くかかるスペシャリティバイクに採用されている。
FC-330
超軽量C-15カーボンから作られるフルカーボン モノコックのフォーク。






PT ブラックオパールリング【中古】
K10WG ダイヤモンドリング【中古】
タサキ シロチョウパールリング【中古】 【店頭受取対応商品】
カレライカレラ エンジェル ネックレス【中古】